1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤帽南筑運送

赤帽南筑運送


赤帽南筑運送の詳細情報

福岡県久留米市で引っ越ししたいなら赤帽南筑運送に引越し料金を聞いてください。赤帽南筑運送の連絡先をこちらで確認して連絡しよう。

赤帽南筑運送の概要

引越し業者名赤帽南筑運送
住所〒830-0048福岡県久留米市梅満町1544−4
住所(カタカナ)フクオカケンクルメシウメミツマチ
住所(ひらがな)ふくおかけんくるめしうめみつまち
電話番号0942-33-7163

スポンサーサイト

最安値の引越し業者探しに一括見積もりサービスがおすすめ!最大10社の会社に見積もり依頼!

タイプ別引越し業者の選び方

引っ越しのタイプによって格安にする方法が変わってくる場合があります。ここではタイプ別に引越し業者選びの方法をまとめました。

福岡県久留米市での格安引越しを目指すならぜひじっくりと読んでください。

単身引越しの場合

一人暮らしの単身引越しは以前は専門サービスを設けている業者は少数派でした。ヤマトや日通などの大手ではかなり古くから単身パックを設けていましたが、一般的な引越し業者では単身であろうと荷物量的には半分くらいにしかならない2t車を使い決して安くはない料金でサービスを提供していました。

今ではほとんどの業者がホームページ上で単身引越しの専門メニューを設けています。これでは業者選びにとても迷いますが、単身における一番大きなポイントは運びたい荷物量です。

まず荷物がごく少量であれば、単身パックや軽トラ便を使った方が料金的に安い場合が多いです。ただし、単身パック1つ、軽トラ一台で載りきらない荷物であればかえって高い場合があるので注意が必要です。

また軽トラ便の場合は作業員が一名の場合が多く、手伝いを必要とするのかどうかも大きなポイントとなります。

ちょっと多めの単身引越しであれば、2t車(宅配便と同じようなサイズ)で運ぶ引越し業者の方が1台で済むので格安になります。

運びたい荷物の中に自転車、原付、ベッドマットなどがある場合は、2t車を用意してもらった方が無難です。これらの荷物は嵩張り、積み重ねができないので思った以上にスペースを必要とします。

またこだわりの家具や家電がある場合は、梱包してもらえるのか、引越し専用の資材をもっているのかどうかも確認が必要です。

中には普段は配達を請け負いながら繁忙期などの忙しい時だけ引っ越しをしているところもあります。こういった業者は資材の持ち合わせもなく、作業にも慣れていないので、なにかとトラブルを起こす可能性が高いです。

格安料金だけでなくサービス内容も見極めて福岡県久留米市の引越し業者を探しましょう。

家族引越しの場合

荷物量が多く、個々の家具や電化製品が大きな家族引越しは技術力がある引越し業者でないと荷物や家屋の破損を引き起こす可能性が高いです。例え格安引越しと呼べる料金で契約できたとしてもトラブルばかりでは後悔します。

また大きなトラックを持っているかどうかで料金が大きく変わってくる場合があります。一般的には4t分の荷物を1台のトラックで運ぶのと2台とでは後者の方が高くなります。

小さな引越し業者では4t車を持っていないこともあるので、割高な料金で見積もりされることもあります。家族引越しの場合は信頼性が高い大手引越し業者がおすすめです。

その地域しかない業者の場合は口コミなどによってサービス内容を見極める必要があるでしょう。

長距離引越しの場合

新居が他府県に及ぶ長距離引越しの場合は、その分野を得意とする業者に頼まないと驚くほど高い見積もりを出される場合があります。

福岡県久留米市発の長距離引越しを格安にするためには混載便、帰り便の確保やJRコンテナ、フェリー便などの利用が必須となってきます。

混載便や帰り便は全国規模で展開する引越し業者の方が有利です。特にヤマトや日通は引越し便だけでなく、宅配便を使って便を集めることができるのでコストダウンにおいては一日の長があります。

ただし関東(東京、神奈川)から関西(大阪、兵庫、京都)などの主要地域の引っ越しであれば両地点に支店を構えている中小引越し業者はたくさんあります。

ホームページで長距離引越しをサービスとして謳っている業者であれば、格安料金でサービスを提供してくれる確率は高くなります。

また長距離引越しは移動距離が遠くなるにつれて、同じ荷物でも引越し料金は相対的にアップします。特にベッドや自転車、原付バイクなどの嵩張る荷物があるときは現地で買い直した方が安い場合も出てきます。

単身赴任や学生さんの上京、帰郷に伴う引っ越しの場合は荷物をできるだけ整理してダンボールのみにするのも福岡県久留米市で格安引越しを実現するための一つの方法です。

不要品が多い場合

引っ越しのタイミングで捨てたい不用品が多い場合は処理費用も合わせて考える必要があります。業者によっては不用品を決められた数だけサービスしてくれるところもあるので福岡県久留米市での引越し料金に大きな影響を与える場合があります。

不用品が比較的新しい場合は買取サービスを実施している引越し業者がおすすめです。特に自分でリサイクルショップに持ち込めないような大きな家具家電の買取はこういった業者を探してみる価値があります。

見積もり段階で引越し料金がこれ以上下げられないような時に、不用品処理を交渉材料の一つとするのも有効な方法です。

新築マンションへの引越し

マンションが建ったばかりで一斉入居の場合は不動産業者が引っ越しを管理する幹事会社を指名している場合があります。

絶対に幹事会社に依頼いないといけないことはないのですが、引っ越しのスケジュールやエレベーターを使う順番等、何かと不都合が起こる場合があるのでよほどその引越し業者が嫌いでない場合は依頼しておく方が無難です。

また一斉入居ではないにせよ新しいマンションの場合は、エレベーターや廊下の養生を要求される場合があります。小さな引越し業者では養生用資材の持ち合わせがない場合があるので、比較的大きな引越し業者を選ぶ方が良いでしょう。

荷物保管がある場合

引っ越しにともなう荷物保管は意外と多いものです。新居の建て替えで数か月保管する場合もあれば、新居の入居日の関係で数日間だけ保管して欲しいといった場合もあります。

どちらの場合にせよ引越し料金に占める割合は大きいいので、保管料金が格安な引越し業者を選ぶ必要があります。

時には自分でトランクルームなどと契約した方が安い場合があるかもしれません。しかし、その場合もあまりに立地が悪い場所だとそこまでの運搬費用が高くつく場合があるので注意が必要です。

数日間の保管であれば日割りしてもらえるのかも大きなポイントとなります。本当に数日であれば、自社に倉庫を持っている業者であれば契約欲しさにサービスにしてくれるかもしれません。交渉材料として各社に相談してみるのもおすすめです。

エアコン工事がある場合

引っ越しにともないエアコン工事が必要な場合、台数が多いと思わぬ高い出費になります。特に取り外し取り付けが数台に及ぶ場合は、引越し料金よりも工事費用が高いなんてことも珍しくありません。

この場合は1台あたりの工事単価が少しでも安い会社を選ぶのが大切です。交渉材料として引越し業者にまとめて工事依頼するのも一つの手ですが、新居で新しい家電を購入する際にまとめて依頼するという手もあります。

表面的な料金の安さも大切ですが、エアコン工事の場合は追加費用がどれだけ掛かるのか、標準パックでの配管の長さはどれくらいかといった点も事前に確認しておきましょう。

また、回収だけなら無料でしてくれる会社もあるのでぜひ利用しましょう。

ピアノが荷物にある場合

ピアノの運搬も2階への運び入れなど条件が悪くなるほど高くなります。大抵の引越し業者ではピアノ運搬も請け負っていますが、結局は下請けに回しているだけです。

引越し業者選びと同様にピアノ運搬の業者同士で値引き競争させるのが最安値で依頼するための方法です。

まだまだある格安引越しのための裏技

福岡県久留米市周辺で格安引越しをするには一括見積もり以外にもまだまだ裏技があります。ここではそんな方法の数々を有効度が高い順位紹介していきたいと思います。

一括見積もりだけではまだまだ福岡県久留米市の引越し料金が予算内に収まらないという方はぜひ実践してみましょう。

引越し日の変更で格安料金を

複数業者への見積もりとともに、最も効果が高い引越し料金の格安方法が引越し日を変更することです。時には半額といった激安料金を引き出せる理由の多くに日程の変更が絡んでいると考えて間違えありません。

荷物が多い家族引越しであれば仕事をお休みしてでも元が取れる可能性が高いので挑戦してみる価値はあるでしょう。

では引っ越しで安い日はいつかというと、一般的には土日、祝日などの休日です。それ以外にも金曜日は翌日を荷解きに使えることから人気が高い傾向があります。

また月末よりか月初や中旬が、六曜で言う大安、友引以外の日が安い可能性が高いです。

しかし3月下旬から4月上旬に関してはこれらの条件も当てはまらないことが多いので、日程は大きくずらすことが必要となります。

福岡県久留米市での引っ越しを激安でするためにはぜひとも検討して欲しい方法です。

荷物量を少なくする

荷物量は少なくなるにつれて引越し料金は安くなります。あまりに当たり前のことですが、では引越し業者に依頼する前に不要な物は全て整理・処分しきれていると言えるでしょうか。

もちろんダンボールの1個や2個を減らしたくらいでは料金変動はほとんどありませんが、大きい物も含めて細かな物を整理しきってトラックが1ランク小さくなれば、大きな費用節約効果が生まれます。

また引越し業者に依頼する荷物量自体を減らすというのも格安にするための一つの方法です。例えば1ランク小さなトラックで契約して積めるだけという積み切り便や大きな家具や電化製品限定のリスト分という契約も全ての荷物を運ぶ内容からすれば引越し料金を下げることができます。

しかし、営業時の説明ではほとんど運べるという話しだったのに、現場では思った以上に荷物が残ったなどトラブルが多いのも事実です。これらのプランを利用する場合は、訪問見積もり時に口約束だけで済ませず契約書にしっかりと内容を明記してもらうようにしましょう。

午後便やフリー便で契約する

引越し作業の開始を午後からの午後便や業者おまかせのフリー便で契約することで午前便と比較して格安料金で引っ越しすることができます。

日程変更ができなかったり、まだまだ引越し費用が予算オーバーしている場合などに活用して欲しい値引き方法です。

ただし、午前中の現場によってトラックの到着時刻が大幅に遅れることがあるということも念頭に入れておく必要があります。私の経験でもほとんどの場合は時間通りや早めに到着できるのですが、時には2時間遅れなどということもありました。

またそういった遅刻は忙しい日ほど多く、暇な日の場合は早く終わった他のトラックが代わりに現場に向かうなんて緊急対応もできます。そういった点でも暇な日に引っ越しするメリットはあります。


*掲載している情報は2016年11月現在のものです。